いわきでナンパして理想の彼女を手に入れる

いわきでナンパして理想の彼女を手に入れる

美容部員 29歳

GWに浮かれてるフラフラしてる美容部員をハメるブログ。

 

いつもの行きつけのバーにてカウンターで飲んでいると、後から友だちと2人で入って来た美容部員。

 

店に入って来た瞬間に目が合う。

 

おれのすぐ隣に座った。

 

今日暖かいですね。

 

なんてない一言でオープン。

 

美容部員の友だちも合わせて談笑する事、小一時間、そろそろ帰るとの事。

 

おれ「もう帰るんだ、早いね」

 

美容部員「友だちが明日朝早いから。タクシーで一緒に帰ることになってるから」

 

おれ「それなら友だち送った後に戻って来てよ」

 

美容部員「え〜、さすがにそれは、、、」

 

おれ「ゆっくり美容部員と話したい。もうちょっと一緒にいたいから、戻って来て。」

 

美容部員「うんわかった(//∇//)」

 

 

1時間後、友だちを送り届けて戻って来た美容部員と1、2杯飲み終えて、美容部員の家へ。

 

1人暮らしの子はホテル代がかからなくて非常に良い。この日は家に泊まらせてもらったので、お礼に朝セクしてあげて終了。

 

初めてあった人と、シタのは初めてだって。

ホントかよまったく。